理事長杯 2021.11.21.

浦和ゴルフ倶楽部の競技は様々ありますが、その中でも4大競技という大会があります。最高峰が倶楽部選手権ですが、理事長杯もその一つ、優勝者はボードに名前が飾られます。倶楽部選手権、シニア選手権と違って ハンデを引いてもらえるのでハンデ10の僕でも戦えます。今年は50人が参加していますが、今日の予選で20名に絞られます。理事長杯は4回目の出場になります。去年はスコアカードに名前を書き忘れて失格なんて事がありましたが、他の2回はいずれも予選通過しています。今年も予選通過は果たしたいところですが、昨日の反省は活かされたのでしょうか?w

天気は曇りですが風が弱くコンディションは良かったです。

結論、グロス91、ネット81はギリ予選通過しました!!🤩 81までで19名、1人決勝辞退者が出たらしく、ネット82の人が2名滑り込みました。研修会の先輩方も流石の予選通過も不本意な予選落ちもあり悲喜こもごも、速いグリーンと晩秋の薄い芝に悩まされた様です。

前半は7:35という二組目の早いスタートでこれは研修会並みの時間ですが、朝露で濡れてFWは飛ばず転がらずで苦戦したものの、11番と15番、そして2番はチッパーが威力を発揮してヨセ1パー。後半5番まではい感じのスコアになったのですが罠がありました。6番1オンするも登り10mを打ちすぎて大オーバー、返しも早くオーバー、4パットのダボ😢。これでリズムが狂ったか、7番ティショットがチーピンでロスト、アプローチに2回かかってダボ+OB並のペナルティで9叩いてしまいました。それでもあと2つをボギーとして後半46でグロス91。「90で予選通過できる」という計算より1つ余計に叩きましたがなんとか通過できました。

決勝ラウンドの組合せがもうできてます。

ロジカル分析です。グロス91にパット数33、アプローチ&ガードバンカー(以下AB)は17、ショートゲーム合計は50。ペナルティ1と、昨日とそんなに変わらず、引算したショット数は91-50-1=40と浦和では普通の数字。メタボリックスコアは複数ABが4回。3パット以上が2回、内1回は4パットなのでメタボ3と数えますので、ペナルティ1と合せるとメタボ合計4+3+1=8とこれも昨日と同じ。潜在スコアは91-8=82とハンデ通り。大宮CCの白ティと浦和の青ティでは難易度が相当違うことを考慮すると頑張った方なのかも知れません。何しろ9打がありますからね。

今回はどんなに分析しても後半の6番と7番の大たたきに尽きますね。この2ホールで4パットあり、ペナルティあり、複数ABありで、全体のメタボリックスコアの半分を叩いています。それでも予選は通過できたので、今日の反省は来週の決勝ラウンドで活かしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました